>自傷行為がやめられない人へ。自分を傷つけてしまう原因と対処法とは

自傷行為がやめられない人へ。自分を傷つけてしまう原因と対処法とは

健康・メンタルヘルス・気分
社会福祉士 行成 ひとみ
2020.06.24

リストカットなどの自傷行為がやめられない、もしくは身近な人で自傷行為を繰り返してしまう方はいらっしゃいますか。このコラムでは、よくないとわかっていても自傷行為がやめられない理由と対策、身近な人の自傷行為に対する関わり方について解説します。

目次

-       自傷行為の現状

-       自傷行為とは

-       自傷行為を行なってしまう原因

-       自傷行為をしないための対処法

-       身近な人に自傷行為を打ち明けられた時の対処法

-       おわりに

 

自傷行為の現状

2010年に行われた調査(※1)では、アンケート回答者の7.1%が1回以上の自傷行為の経験をしており、年代では16–29歳が最も多いという結果になっています。また、1回以上自傷行為の経験がある人のうち、約半数が繰り返し自傷行為を行なっているという結果も出ており、自傷行為がやめられない性質を持っていることがわかります。

 

自傷行為とは

自傷行為は、代表的なものとして手首を傷つけるリストカットやアームカットの他に、髪の毛を抜く、ライターやたばこで故意に火傷をする、けがをするまで身体や壁などを殴る、過剰に薬を飲むなどがあります。

 

自傷行為をする人は精神疾患を患っているイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。普通に生活している人でも、自傷行為に悩まされている場合があります。

 

自傷行為は自分の身体を傷つける行為です。かといって、死にたいと思うから傷つけるわけではありません。

実は、自傷行為はヒト以外の動物にとっても、ポピュラーな問題です。

血が出るまで皮膚を舐め続けるネコ、羽根を引き抜いてしまうトリ、自分の尻尾にかみつくヘビなど、あらゆる動物が自傷行為をします。

ではなぜ、ヒトやそのほかの動物達は自分を傷つけてしまうのでしょうか。

 

自傷行為を行なってしまう原因

動物達の自傷行為は、「過剰なグルーミング」という形であらわれます。ネコが血が出るまで皮膚を舐め続けるのは毛皮のグルーミングの延長である、というのはイメージがしやすいと思います。

グルーミングは本来、多くの生物にとって、食べる・眠る・呼吸するのと同じくらい、生きていくうえで根本的な活動です。

私達ヒトも、例えば熱いシャワーを浴びたり、マッサージを受けたり、化粧をしたり、ひげを剃ったりしてグルーミングをしています。

こうしたグルーミングからはとても強い自己安堵感が得られ、気分が良くなったり、気持ちが良くなったりします。

ではグルーミングが「過剰」になるとどうなるかというと、グルーミングの本来の効果に加えて、痛みを感じることによって体内にエンドルフィンカテコールアミンという脳内物質が分泌されるのです。

 

エンドルフィンはランナーズハイの際にも分泌される、多幸感を感じる物質です。カテコールアミンは血糖値の急上昇・瞳孔の拡大・心拍数の増加などを引き起こし、身体を活動的にさせる効果があります。

 

アカゲザルは自分の身体を噛む自傷行為をする動物ですが、そのアカゲザルを用いた実験の結果、サルが自分の身体を噛もうとしたとき心拍数がぐんとあがり、そして噛んだ瞬間急降下することがわかっています。

スリルや恐怖で心拍数が早くなった後、急降下するとき、こころには安らぎが生まれるのです。更に、脳内物質の分泌によって、多幸感を感じるために、自傷行為をした後は気持ちが晴れやかになり、スッキリする効果があるのです。

 

自傷行為をする人は、「衝動的に行ってしまう」「煙草を吸う、お酒を飲む、それと同じノリで切ってしまう」という方が多くいらっしゃいます。

それは、心拍数の急な上昇と降下によって安らぎを感じ、脳内物質によって多幸感を得るためです。煙草を吸う人が、ニコチンによる脳内の作用が減少したためにまた吸いたくなるのと同じように、自傷行為は習慣化してしまいやすいのです。

 

自傷行為をしないための対処法

自傷行為に及んでしまうトリガーとなるのは「孤独」「ストレス」「退屈」の3つと言われています。

強いストレスにさらされているとき、孤独や退屈によってこころのエネルギーが不足しているときに衝動的に、またはなんとなしに自傷行為に及んでしまう方が多くいらっしゃいます。

「孤独」に対処するには、理解してくれる人の存在が必要不可欠です。それは家族でもいいですし、カウンセラーや医師でも良いでしょう。自傷行為に及んでしまったことを「教えてくれてありがとう」と歩み寄り、どういうときに行為に及んでしまうのか「一緒に考えよう」としてくれる人の存在が孤独を癒します。

「ストレス」に対しては、ストレスのない環境に移ることが重要ですが、それがなかなか難しい場合も多いと思います。ストレスの多い環境にいる人については、愚痴を言えたり、相談ができる場があるといいでしょう。

「退屈」へのアプローチは、周りの人では対処することが難しいかもしれません。意識的に本を読んだり、映画を見たり、日記を書くなどして時間を使い、「何もしていない時間」を作らないようにするのが効果的でしょう。


> 寂しさや孤独感についての悩みを相談できるカウンセラー一覧はこちら


一時的な対処法としては、自傷行為の代わりになることを探すのもおすすめです。

自傷行為では、脳内物質であるエンドルフィンやカテコールアミンが分泌されることで多幸感や身体が活発化する効果がありますが、同じような効果が期待できるのがチョコレートです。

チョコレートにはフェニルエチルアミン、カフェイン、砂糖、脂肪が凝縮されており、砂糖はセロトニンの分泌、フェニルエチルアミンはエンドルフィンの分泌を促します。また、カフェインは身体を活発にする効果が期待できます。

セロトニンも「幸せな気持ち」を引き出す脳内物質ですから、自傷したくなったときにチョコレートを食べるようにすると、気持ちが穏やかになるかもしれません。

チョコレート以外では、エンドルフィンの分泌を促すサプリメントとして、「エゾウコギ」があります。

こういったものを日常に取り入れると、自傷したい気持ちが落ち着くかもしれません。


ただし、食品によるエンドルフィンの分泌は効果が持続しませんし、チョコレートを食べ過ぎてしまうと太ってしまい、それがストレスになってしまう場合もあるかと思いますので、あくまで一時的な対処方法として覚えておくと良いでしょう。

自傷行為がやめられず辛い方へ

自傷行為をやめられない原因や、解決策をカウンセラーと一緒に考えていきませんか?

オンラインカウンセリングのうららか相談室では、臨床心理士などの専門家に、匿名で悩みを相談することができます。

身近な人に自傷行為を打ち明けられた時の対処法

では、自傷行為をしていることを打ち明けられた場合、どのようにすると良いでしょうか。

自傷行為には気持ちを穏やかに、また活発にする効果があるために、根本的な解決のためには単に「もうしないで」と言うだけでは足りませんし、「もうしない」という約束をしたとしても、常習化してしまっている人にとってその約束は重く、次にしてしまったときに隠してしまうようになるかもしれません。

まずは打ち明けてくれた勇気に感謝し、その人がなぜ自傷行為に及んでしまったのかを聞いたりして、自傷行為をしたことを否定しないことが大切です。

前述した対処法でもご紹介したように、一緒に自傷行為の代わりになることを探すのも良いでしょう。

 

おわりに

対処法をご紹介してきましたが、ひとりで自傷の衝動に対処する、というのはなかなか難しいものです。やめたいのにやめられない、どうしたら良いのかわからない、周りに理解してくれる人がいないという場合は、お気軽にうららか相談室にご相談ください。


 

(参考文献)

※1 わが国における自傷行為の実態 2010年度全国調査データの解析 阿江 竜介, 中村 好一, 坪井 聡, 古城 隆雄, 吉田 穂波, 北村 邦夫 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/59/9/59_665/_pdf(参照:2020-06-17)

人間と動物の病気を一緒にみる : 医療を変える汎動物学の発想 合同出版

このコラムを書いた人
社会福祉士
機能不全家族、きょうだい児、アダルトチルドレン、貧困、DV、精神障害などの自身の経験から、ピアカウンセラーとして活動。社会福祉協議会での生活困窮者支援、特別養護老人ホーム・地域包括支援センターでの高齢者福祉支援を経験後、社会福祉士として独立。現在は小学生の子の子育てをしながら、名古屋市で借金、生活困窮、家計、精神障害、親子関係、介護、育児(金銭教育)などの個別相談・セミナーを行っている。
> このカウンセラーに相談する
カウンセリングを受けてみたい方へ

うららか相談室では、臨床心理士・社会福祉士などの専門家を選び、メッセージ・ビデオ・電話・対面形式のカウンセリングを受けることができます。


オンラインカウンセリングならカウンセリングルームに出向く必要がなく、自宅などのリラックスできる場所で、好きな時間に受けられるため、外出が難しい方や、心療内科でのカウンセリングに抵抗がある方にも気軽に受けていただけます。


また、匿名で相談ができるため、家族や友人に知られることなく、安心して相談していただくことが可能です。