>心の不調がなくても大丈夫。定期的なカウンセリングを受けるメリット

心の不調がなくても大丈夫。定期的なカウンセリングを受けるメリット

皆さんは、ご自身のメンタルヘルスについて考えたことはありますか?

日本の精神疾患患者数は平成29年で400万人(※1)を超えており、うつ病の患者数は近年、顕著に増加しています。

自分には関係ないと思う人も多いかもしれませんが、職場環境の変化やライフスタイルの変化により、どんな人にも心の不調が訪れる可能性があります。

カウンセリングはうつ病の人が行くもの?

  • 「カウンセリングはうつ病など、症状が深刻になってから行くもの」
  • 「カウンセリングに行く人は心が弱い」
  • 「些細な悩みでは行ってはいけない」


こんなことを思っていませんか?


アメリカでは、カウンセリングを受けることは髪を切りに行ったり、ネイルケアをしたりすることと同じように自然で気軽なこととして受け入れられています。

日本でも、少しずつではありますが、カウンセリング文化が根付いてきているように感じます。


産後に助産師さんや市の職員がご自宅に訪問してお母さんの悩みや話を聞く赤ちゃん訪問、役所などで受けられるキャリアコンサルタントによる就労相談もカウンセリングの一種です。

最近の流行としては、夫婦で受けられるカウンセリング、カップルカウンセリングを受ける人も増えているようです。