>
  1. やる気が出ないのは病気?原因と7つの対処法

やる気が出ないのは病気?原因と7つの対処法

健康・メンタルヘルス・気分
うららか相談室
2020.07.07

やらなければいけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ない、誰しもそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

「テストが近いのに勉強する気になれない」「仕事を終わらせなければならないのに手が付けられない」「部屋が汚いのになかなか片付けや掃除に取り掛かれない」など、やらなければいけないと頭ではわかっているのに、なぜかやる気がどんどん失せてしまうこともありますよね。

では、どうしてなかなかやる気が出ないのでしょうか。やる気が出ないときは、どのように対処していくのがいいのでしょうか。

>やる気が出ない悩みを相談できるカウンセラーはこちら

目次

- やる気が出ない原因(メンタル編)

- やる気が出ない原因(身体編)

- やる気が出ないときに疑う病気

- やる気が出ないときの対処法

- まとめ

やる気が出ない原因(メンタル編)

やることが多くて漠然としている

まずは、やることが多くて漠然としているという原因が挙げられます。あれもこれもやらなければいけないときや、目標が大きすぎてやることが漠然としているような場合、何から手をつけていいか分からず、やる気が出にくくなってしまいます。

例えば、家事をしたいとわかっていても、片付け、洗濯、晩御飯の買い物、子供のお迎え、全部やらなければならないと思うと、何から手をつけようか迷ってしまいますよね。また、英語がしゃべれるようになりたい!と思っても、実際にはどんな勉強法があるのか、何から手を付けたらいいのかが分からず、漠然としているような場合、やる気というものは出にくくなってしまうものです。


マンネリ化していてやる気が出ない

毎日やっている仕事や家事などは、どうしてもマンネリ化してしまいがちです。そうして新しい刺激や楽しみがなくなると、やる気が出にくくなります。

「今日もまた同じことをやるのか」「これからもずっと同じ作業を繰り返すのか」と思うと、うんざりしてしまいますよね。

同じ環境や手順、慣れた方法でものごとをこなすことは一見効率的に見えて、実はやる気を阻害してしまっているということがあります。


そもそも魅力や価値を感じない

人は、どんなに忙しくても楽しいことや興味のあることは「やりたい」と思いますし、時間を作って少しでもやろうとするものです。好きなゲームは、ちょっとした通勤時間や、5分の休憩時間でもやりたいと思いますよね。しかし、そもそも魅力や価値を感じていないと、どうしても後回しにしやすくなります。

何のためにやるのか分からないことや、何の意味があるのか納得していない作業には、なかなかやる気が出ないものです。


周囲からのプレッシャー

これから宿題をやろうと思っていたのに、「宿題をやりなさい」と言われてやる気が失せた、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。「自発的にやらないと」と思っているときはやる気も出やすいですが、周りから「やれ」と急かされたり、プレッシャーをかけられたりすると、やる気は失せてしまいます。

上司から仕事を依頼されたときも、「これやってくれたら助かる」と言われるのと、「これくらいさっさとやってくれ」と言われるのとでは全く気持ちが違いますよね。毎日やっている家事も、一言ありがとうと言われたらやる気が出ますが、「やって当然」という無言のプレッシャーを感じると、やる気が失せるのではないでしょうか。


人生の目標や目的が定まっていない

何か人生において目標や目的がしっかり定まっている人は、それに向かって進めるので、やるべきこともやりたいこともはっきりしています。しかし、そこが定まっていないと、「これは本当に必要なことなのだろうか」「本当にやらなければならないことなのだろうか」という気持ちになりやすく、やる気も出にくくなってしまいます。


責任転嫁をしている

「自分の仕事が上手くいかないのは会社のせい」「自分の学歴が悪いのは親のせい」など、誰かに責任転嫁をしている状態だと、やる気というのはなかなか出ません。責任転嫁して、「○○のせい」と思うことにエネルギーが使われてしまって、本来のやるべきことに身が入らない状態になります。

もちろん、本当に自分ではなく誰かに責任があるときもあるでしょう。しかし、いつも責任転嫁をしてしまう、過剰に人のせいにしてしまう癖がついていると、なかなかやる気が出にくくなってしまいます。

何もやる気が出ないで悩んでいる方へ

何もやる気が出ない原因や対処法を、カウンセラーと一緒に考えてみませんか?


  • やる気が起きないで寝てばかりいる
  • 自分のやる気が出ないのは、こころの病気かもしれないと思う

このようなことでお悩みではないですか。

うららか相談室では、臨床心理士などの専門家にメッセージ・ビデオ・電話・対面で悩みを相談することができます。

やる気が出ない原因(身体編)

疲れが溜まっている

単純に疲れが溜まっている状態だと、体を動かしたり脳を働かせる元気がないので、やる気が出にくくなります。仕事が忙しくてあまり休んでいない、家事や育児が大変でゆっくり寝ていない、そんなときは、疲れが溜まっているせいでやる気が出ないのかもしれません。


栄養不足になっている

栄養バランスが整っていないときも、やる気が出にくくなります。きちんとした食生活を送れておらず、お菓子やファストフードばかり食べていると、栄養が不足してイライラしやすくなったり、脳が活発に働けなくなって、やる気がなかなか出ない状態になります。


ブドウ糖が不足している

脳のエネルギー源はブドウ糖です。このブドウ糖が不足すると、思考回路がうまく働かなかったり、やる気が出にくくなってしまいます。ダイエットや食事制限などをして糖分を極端に控えているような場合、ブドウ糖が不足しやすくなります。

また、過度な運動をしたあとや飲酒をしたときも、血糖値が下がりやすくなるため、脳のブドウ糖が不足しやすくなります。


やる気が出ないときに疑う病気

上記のことには気を付けているのにやる気が出ない、そんなときはひょっとすると病気が潜んでいるかもしれません。以下のような症状に当てはまる場合は、心療内科などの専門機関で、適切な治療を受けるようにしましょう。受診するべきかわからない場合は、カウンセラーに相談するという方法もあります。


◆うつ病

うつ病になると、仕事や家事などやらなければならないことに対してやる気がなくなる上に、それまで好きだったことや趣味などにもやる気がなくなってしまいます。うつ病は、精神的なストレスや身体的なストレスが過度にかかることで、脳がうまく働いていない状態です。

全てのことがネガティブに感じられ、自分はダメな人間だと思ったり、よく寝れない、何をしても楽しくない、いつもだるい、といった症状がある場合はうつ病も疑ってみましょう。


◆自律神経失調症

自律神経とは、私たちの身体をコントロールしている神経で、この自律神経が乱れると、様々な症状を発症してしまいます。

やる気が出ないだけでなく、イライラする、不安感が強い、慢性的に疲れている、頭痛や動悸がするなどといった症状がある場合は、自律神経失調症も疑ってみましょう。


◆認知症

認知症というと「物忘れ」というイメージが強いかもしれません。しかし、実際には物忘れ以外にもさまざまな症状があり、理解力や判断力、集中力の低下、そして気分が落ち込んだり、やる気が出ない、ということが挙げられます。

「最近、楽しんでいた趣味も途中で飽きてしまう」「鍵や財布を忘れたり物忘れが激しい」「やる気が出なくなり人付き合いも避けている」といった症状がある場合は、認知症を疑ってみましょう。


また、病気ではないのですが、無気力症候群燃え尽き症候群のような、目標の喪失や疲労が原因となって引き起こされる症候群も疑えます。「受験生が一生懸命勉強して、受験が終わったあと何もする気が起きない」「就活を頑張っていざ希望の会社に入ったけど、入社後にやる気が出ない」といったことが挙げられます。生活習慣を改善してストレスを減らしたり、新たな目標を立てたりすると症状が緩和されやすくなります。

>燃え尽き症候群の悩みを相談できるカウンセラーはこちら


◆無気力症候群について詳しくはこちらのコラムもご参照ください。

>無気力症候群(アパシーシンドローム)の症状や治療法とは?

やる気が出ないときの対処法

では、やる気が出ないときはどのように対処していくのがいいのでしょうか。今すぐ自分でできることを7つご紹介します。


1.少しでいいから始めてみる

やり始めるまではすごく億劫に感じたのに、いざやってみたらなんともなかった、ということはよくありませんか。

  • 出かけるまでは億劫に感じていたけど、出かけてしまえば楽しかった
  • 勉強にとりかかるまでが面倒だったけど、いざ始めたら集中できた

このように、実際に始めてしまえばなんともなかった、ということは多いでしょう。

とにかく最初に少しとりかかってみるということは、心理学でも「ベビーステップ」と呼ばれていて、1つ1つ小さな行動を積み重ねることが、結果的にやる気を持続させる、という効果が実証されています。


2.やる気が出ない原因を探す

なかなかやる気が出ないときは、どうしてやる気が出ないのか原因を探してみましょう。マンネリ化していて嫌なのか、やることが多くて整理できていないのか、単純に疲れているのか、原因がはっきりすることで、対処もしやすくなります。

「マンネリ化しているときは、新しいやり方を取り入れてみる」「やることが多いときは紙に書いて整理するなどして優先順位をつける」、「単純に疲れているときは休む」など、原因がはっきりすることで対処法も分かり、やる気を出すための方法が見つかりやすくなります。


3.思いきって何もしないで休む

やることが多すぎたり疲れている場合、何をするのも嫌、という状態になりやすいです。そんなときは、思いきって何もしないで休むというのも1つの手です。仕事がしんどい場合は有休をとったり、家事や育児がしんどい場合は、1時間や2時間でも家事代行やベビーシッターさんを雇って、一人でゆっくりする時間を作ってもいいでしょう。何もしないでゆっくりする時間を作ることで、気持ちが落ち着いて、また頑張ろうと思いやすくなります。


4.運動をして体を動かす

疲労にならない程度に運動をするのもおすすめです。身体を動かすことで血流がよくなり、アドレナリンという物質が分泌されます。アドレナリンが分泌されると、肝臓に貯めていた糖分が血液に放出されるため、脳に糖分が行き渡り、活性化されます。脳が活性化することで、脳の働きがよくなり、やる気も出やすくなるという効果があります。


5.人と話す

人と話をすることで、モヤモヤしていたものがスッキリしたり、前向きな気持ちになることはよくありますよね。大好きな友達と他愛もない電話をしたり、尊敬する上司と話をする、溜め込んでいたストレスを聞いてもらう、そういったことで気持ちがスッキリしてやる気が出ることもあります。

何か溜め込んでいるものがある、モヤモヤすることがある、そんなときは友達や職場の人とお話をしてみるのもいいでしょう。知人に言いにくい場合は、カウンセリングを活用するのもおすすめです。


6.自分へのご褒美を用意しておく

なかなかやる気が出ない場合は、終わったときの自分へのご褒美を用意しておくのもいいでしょう。「この作業が終わったらお菓子を1つ食べていい」「このプロジェクトが終わったら美味しいものを食べに行く」など、自分へのご褒美を用意しておくことで、モチベーションも上がりやすくなります。


7.新しいことをしてみる

いつもの作業がマンネリ化していてやる気が出ないときは、新しいことをしてみたり、新しい方法を取り入れてみるのもおすすめです。いつもの家事に飽き飽きしていたら、新しい掃除方法を取り入れてみたり、いつもの仕事に慣れすぎてしまったら、タイムを計って日々早くできるように工夫してみたり、何か新しさを取り入れることで、気分が変わって、やる気も出やすくなります。

やらなければならないこと自体に工夫を取り入れるのが難しい場合は、仕事終わりや休日などに、何かまったく新しいことを始めてみるのもいいでしょう。習い事をしたり、行ったことのないお店に行くなどして新しいことをすれば、日々の生活にハリが出て、今までやる気が出なかったことも、見方が変わってやる気が出るようになるかもしれません。

臨床心理士に悩みを相談してみませんか?

臨床心理士とは・・・


悩みを抱える人との対話をベースに、精神分析や心理療法を使って問題の解決をサポートする「こころの専門家」です。


臨床心理士の資格は厳しい学習条件が求められ、心理業界では長年にわたり根強い信頼性を持っています。


うららか相談室には、多くの臨床心理士が在籍しています。

メッセージ・ビデオ・電話・対面、あなたが一番話しやすい方法で、悩みを相談してみませんか。

まとめ

やる気が出ないときには、原因があります。今回は、すぐに始められる対処法もいくつかご紹介しました。

しかし、やる気が出ない自分に焦って、あれやこれやと試行錯誤していると、かえってストレスや気持ちの落ち込みにつながりやすくなります。思い切って休むときはしっかり休み、じっくりとやる気の出ない原因を探すようにしましょう。カウンセラーと一緒に、現状を整理しながら、着実に解決策を考えていくのも1つの手です。

>やる気が出ない悩みをカウンセラーに相談する

このコラムを書いた人
オンラインカウンセリングうららか相談室運営スタッフ
うららか相談室スタッフ
うららか相談室の運営担当です。カウンセリングに関する疑問・知識や活用方法について、初めての方にもわかりやすくご案内します。
カウンセリングを受けてみたい方へ

うららか相談室では、臨床心理士・社会福祉士などの専門家を選び、メッセージ・ビデオ・電話・対面形式のカウンセリングを受けることができます。


オンラインカウンセリングならカウンセリングルームに出向く必要がなく、自宅などのリラックスできる場所で、好きな時間に受けられるため、外出が難しい方や、心療内科でのカウンセリングに抵抗がある方にも気軽に受けていただけます。


また、匿名で相談ができるため、家族や友人に知られることなく、安心して相談していただくことが可能です。