>片思いを諦められず辛い。片思いが苦しくなる原因と解決法とは?

片思いを諦められず辛い。片思いが苦しくなる原因と解決法とは?

恋愛・結婚
うららか相談室
2020.04.11

新しい恋が始まると、最初は好きな人の事を考えるだけでも幸せな気持ちになったり、連絡が来るだけで嬉しくなったり、楽しいことが増えますよね。しかしその気持ちも、自分の一方的な片思いなのではないか、と思うと不安が募ったり、相手のことが気になりすぎてしんどくなったりするものです。

では、片思いをしている人は、どんな悩みを抱えているのでしょうか。また、片思いが辛くなった場合の解決策などはあるのでしょうか。

目次

- 片思いの悩みにはどんなものがある?

- 片思いが苦しくなる原因

- 辛い片思いをしてしまう人の特徴は?

- 辛い片思いをすることのデメリット

- 片思いで辛くなってしまった時の解決方法

- 苦しくならない恋愛をするための考え方

- おわりに

 

 

片思いの悩みにはどんなものがある?

片思いの恋には悩みがつきものですが、具体的にはどのようなことで悩む人が多いのでしょうか。

 

片思いの悩み1.アプローチの仕方が分からない

片思いの悩みで多いのが、アプローチの仕方が分からないというものです。特に、相手と距離が縮まっていない場合、連絡先の聞き方が分からない、そもそも話しかけるタイミングも分からない、ということで悩みますよね。共通の知り合いがいれば何かしらきっかけを作りやすいですが、何も用事がないのに話しかけるなんて不自然なのではないか、急に連絡先を聞いたりしたら迷惑なのではないか、と思うとなかなかアプローチするタイミングも難しく感じてしまう人が多いです。

また、好きな相手が職場の人の場合、気まずくなったりしないか、社内で噂をされないか、ということが気になり、なかなかアプローチできないという人も多いです。


> 職場に好きな人がいる悩みを相談できるカウンセラーはこちら

 

片思いの悩み2.相手にどう思われているか分からなくて不安

相手との距離が少し縮まってきた頃に気になるのが、相手にどう思われているのか、ということではないでしょうか。ラインの返事は返ってくるけどデートのお誘いがない、仲良くしてくれてるけど友達としか思われていないのではないか、他に仲の良さそうな人がいるけどその人のことが好きなのではないか、そのように、相手にどう思われているのか分からない、ということで悩む人もとても多いです。

直接聞くことで答えがハッキリするかもしれませんが、好きな相手だからこそなかなか思い切って聞けないものですよね。


片思いが苦しくなる原因

最初は気になる、悩んでいる、というくらいだったとしても、片思いの期間が長くなってくると、だんだん片思い自体が苦しくなってくることもあります。

片思いが苦しくなる原因としては、ネガティブなことばかりが頭に浮かんだり、仕事や生活に支障が出てしまうことが挙げられます。

片思い期間が長いと、相手に他に好きな人ができてしまうのではないかと常に不安になったり、相手の一挙一動が気になり、ちょっと連絡がないだけで何も手につかなってしまったり、もう嫌われてしまったのではないか、とネガティブな気持ちになってしまったりします。

ネガティブな気持ちでいる時間が長くなると、食欲がなくなったり、寝られなくなったりと生活に支障が出てきたり、仕事に集中できずにミスが増えたり効率が下がったりしやすくなります。そのような状態になると、片思いをしていることがどんどん苦しくなり、もうやめたい、と思うこともあるでしょう。

 

> 片思いの悩みを相談できるカウンセラーはこちら

辛い片思いをしてしまう人の特徴は?

いつも片思いが実らない、なかなか両想いになれない、辛い恋ばかりしている、という人はどういった人が多いのでしょうか。代表的な特徴を3つ紹介します。

 

1.    自分からアプローチをしていない

相手のことを想うばかりで、実際には何もアプローチできていない場合、片思いで恋が終わってしまう可能性が高いです。連絡先を聞かれるのを待っている、連絡が来るのを待っている、デートに誘われるのを待っている。決して悪いことではありませんが、相手からしたら「好意を持たれている」ということが分からないため、恋に発展しないまま終わってしまうことになりやすいです。

 

2.    両想いになる前に体の関係を持ってしまう

女性に多いのが、両想いになる前や、付き合おうと言われる前に体の関係を持ってしまう、というパターンです。誰しも好きな人から「もっと一緒にいたい」と言われたら舞い上がるほど嬉しいですが、男性からしたら、女性側も体だけの関係を求めていると思われてしまう場合もあります。

中には、そこから付き合うことができるケースもありますが、一般的には先に体の関係を持つことで付き合える確率は下がってしまいます。

 

3.    最初から実らない恋をしている

相手に彼女がいることを分かっていて好きになってしまった、既婚者だと知っていて恋をしてしまった、時にはそんなこともあるでしょう。ダメだと分かっていても好きになってしまう、ということもあります。

しかし、いつもそういった相手を選んでしまっているようだと、両想いになる可能性を下げてしまい、辛い恋をすることになってしまいます。

付き合っている相手がいたり、結婚している人というのは、恋愛に対して余裕が出ます。その余裕がかっこよく見えたり、ガッツいていない感じが魅力的に見えることもありますが、辛い片思いを卒業したいのであれば、初めから相手のいる人は選ばないようにしたいですね。

 

辛い片思いをすることのデメリット

片思いが必ずしも辛いものとは限りませんが、辛い思いをしているのであれば諦めることも考えたほうがいいかもしれません。

辛い片思い期間が長くなると、相手に想われないということで、自分に自信がなくなってしまう人も多いです。自分には魅力がない、という気持ちになり自信がなくなると、仕事や恋愛以外のプライベートにも悪い影響が出ることがあります。

また、好きな人のことを想うだけで幸せ、というのであればいいですが、辛い思いをしているのであれば、その時間が後から無駄だったと思うようになるかもしれません。もしかしたら好きな人のことしか見えていないだけで、あなたを想っている人が近くにいるかもしれません。そういったチャンスも逃してしまいますし、女性であれば特に、何歳までに結婚したい、何歳までに子供がほしい、といった憧れもあるでしょう。

何年も実らない恋をした結果、自分に自信がなくなり、次の恋にもネガティブになってしまった、年齢も重ねたことでさらに恋に臆病になってしまった、ということになってはもったいないです。

もしその片思いが、楽しい気持ちや幸せな気持ちより、辛い気持ちが大きくなっているのであれば、一度その恋を続けるかどうか見直してみるといいかもしれません。

 

> 好きな人を諦めるのが辛いを相談できるカウンセラーはこちら

片思いで辛くなってしまった時の解決方法

そうはいっても、好きな気持ちというのは簡単には消せません。簡単に諦められる恋であるならば、とっくに諦めていますよね。では、片思いが辛くなってしまった時には、どうするのがいいでしょうか。

 

解決方法1.誰かに悩みを聞いてもらう

自分の辛い気持ちを、誰かに聞いてもらう、ということはとても効果的です。自分の恋について客観的に見るきっかけになりますし、悩みを人に聞いてもらうことで気持ちが軽くなることもありますし、何かいいヒントやアドバイスがもらえるかもしれません。

もし友達には相談しづらい、なかなか気軽に相談できる相手がいないという場合は、カウンセラーに相談するのもいいでしょう。

 

解決方法2.相手の情報が入ってこないようにする

好きな人のSNSをチェックしたり、自分から連絡してしまっている場合、相手のことを考える時間ができてしまうので、なかなか忘れられず、また辛い思いをしてしまう可能性があります。

もしそういった行動をしている場合、相手の情報が入ってこないようにすることで、考える時間を減らすことができます。

 

解決方法3.自分の時間を大切にする

自分の趣味や好きなことをする時間を増やすことで、相手のことを考える時間を減らすことができます。好きなことをしている人は周りから見て魅力的に見えますし、自分磨きをすると思えば、次の新しい恋にいい影響が出るかもしれません。

 

解決方法4.両想いになるための作戦を練る

恋が諦められない理由としては、自分の中で「やりきった」という思いがない場合が多いです。もしできるだけのことはやった、それでも相手が振り向いてくれなかった、となれば次の恋に進みやすいですが、まだまだやれることがあったのではないか、全然アプローチできてなかったのではないか、と思うといつまでも気になって諦められませんよね。

そういった場合は、両想いになるための作戦を練って、実行していくのもいいでしょう。その作戦が上手くいかなかったら諦める、と思えば、悔いの残らないように頑張れるでしょう。

 

片思いが諦められずつらい方へ

片思いの悩みについて、カウンセラーが親身に相談に乗らせていただきます。

オンラインカウンセリングのうららか相談室では、臨床心理士などの専門家に、匿名で悩みを相談することができます。

苦しくならない恋愛をするための考え方

恋愛は、片思いではなく両想いであっても、悩む時は悩みますし、苦しい思いをすることもあります。できるだけ苦しい思いをしないためには、自分に自信を持つことが大切です。

自分に自信がないと、片思い中は振り向いてもらえないのではないか、という不安がつきまとい、両想いになっても浮気されるのではないか、心変わりされてしまうのではないか、という不安がついてまわり、苦しい思いをすることになりやすいです。

対して自分に自信があれば、もしこの恋が実らなくてもきっと自分に合ったいい人が見つかる、と前向きに捉えることができますし、相手の一挙一動に振り回されることも減ります。いつも恋愛をすると苦しくなってしまう、という方は、まずは自分に自信をつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

> 恋愛依存症の悩みを相談できるカウンセラーはこちら

おわりに

恋をすると最初はドキドキしたり、好きな人に会えるだけで幸せな気持ちになれますが、片思いの期間が長くなるほど、しんどくなったり辛くなることが多いですよね。

そんな時は、誰かに気持ちを聞いてもらったり、自分の趣味の時間を増やしたりすることで、辛い気持ちが和らぐことがあります。また、自分に自信を持てていると、相手の言動を必要以上に気にしたり、不安や焦りを感じて疲れてしまったりすることが少なくなります。

今の片思いについて客観的なアドバイスがもらいたい、自信のつけ方がわからない、という方は、うららか相談室のカウンセリングも活用してみてください。

このコラムを書いた人
オンラインカウンセリングうららか相談室運営スタッフ
うららか相談室スタッフ
うららか相談室の運営担当です。カウンセリングに関する疑問・知識や活用方法について、初めての方にもわかりやすくご案内します。
カウンセリングを受けてみたい方へ

うららか相談室では、臨床心理士・社会福祉士などの専門家を選び、メッセージ・ビデオ・電話・対面形式のカウンセリングを受けることができます。


オンラインカウンセリングならカウンセリングルームに出向く必要がなく、自宅などのリラックスできる場所で、好きな時間に受けられるため、外出が難しい方や、心療内科でのカウンセリングに抵抗がある方にも気軽に受けていただけます。


また、匿名で相談ができるため、家族や友人に知られることなく、安心して相談していただくことが可能です。