>
  1. 赤松 照美

赤松 照美

あかまつ てるみ
女性/宮崎県
公認心理師・看護師
メッセージ
ビデオ/電話
対面(宮崎県
明日9:00〜 相談可能
紹介文
働く人のカウンセリングを中心に活動され、人間関係・コミュニケーションスキルの相談を得意とされているカウンセラーさんです。産業カウンセラーの資格もお持ちで、メンタルヘルスに関連する研修講師や、企業のコンサルティングなども行なっています。
カウンセラーからのメッセージ
はじめまして。看護師で公認心理師、産業カウンセラーの赤松照美です。
得意分野は産業分野で「働く人の心の支えになる」ことが私の人生のテーマです。

26年間、急性期病棟の看護師として勤務していました。
これまで、新人指導、看護学生指導、チームリーダー、教育担当者を経験し、それぞれの立場でスタッフの指導・教育・精神面のフォローを行ってきました。
それと同時に、患者・家族の想いを傾聴し、精神的支援にも取り組んできました。
近年では勤務していた病院でPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)担当者として活動し、看護師のワークライフバランスを実現するために、長時間勤務の短縮、パートナーシップマインドの形成に力を尽くしてきました。

日本はメンタルヘルス後進国であり、その背景には社会的偏見があるといわれています。
身体の不調は心配するのに、心の不調は心配されにくい・・・。「あの人心が弱いね」「なんであんなことぐらいで」と批判・否定をするのではなく、心の不調を受け止め、寄り添い、「精神的な病気の人」として支援をするのではなく「何かに苦しんでいる人」として支援してまいります。
また、どんな些細な相談、困りごとでも決して否定はしません。こころおきなく、ご相談ください。

※ビデオ相談でお顔を見られたくないといった場合、カメラをオフにして相談を行うことも可能です。
もっと見る
資格・経歴
看護師として26年間、病院勤務を経験する。病院勤務中に武蔵野大学人間科学部人間科学科で心理学を専攻し卒業。大学卒業以後も産業分野での知識を深め、産業カウンセラー、公認心理師、SNSカウンセラーの資格を取得。現在は企業や個人のメンタルヘルスに関連する研修講師、企業のコンサルティング、カウンセリングを中心に活動している。
このカウンセラーに相談する
【うららか相談室を初めて利用される方へ】満足保証サポートのご案内
カウンセリングにご満足いただけなかった場合には、ご利用料金分のポイントを全額返還いたします。
ポイントは、別のカウンセラーとのカウンセリングにご利用いただけます。
ご利用条件:
・うららか相談室で初めてカウンセリングをお受けいただいた方(1回限り利用可能)
対象のカウンセリング:
・ビデオカウンセリング(1回分)、電話カウンセリング(1回分)、メッセージカウンセリング(3回コース/お任せコース)
カウンセリング実施後1週間以内に、専用のフォームよりお申込みください。
詳細については、こちらのページをご確認ください。
ビデオ/電話相談を申し込む
ビデオ・電話相談
5,000円(税込 5,500円)/ 50分
対面相談の場所:宮崎県宮崎市(JR宮崎駅から徒歩26分、車で7分)
日にちを選択してください
20242
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
日付が選択されていません。
対面相談を申し込む
対面相談
8,000円(税込 8,800 円)/ 50分
対面相談の場所:宮崎県宮崎市(JR宮崎駅から徒歩26分、車で7分)
日にちを選択してください
20242
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
日付が選択されていません。
相談した方の感想
電話カウンセリング
うまく説明できるか、たいした内容でなくて失礼ではないかなど、申し込むまで迷ってましたが、そんなこと考えてる必要なんて全然なかったってすぐに思いました。どんな話でも受け止めてくださる雰囲気で、自然とお話できました。また、自信をなくした私を勇気づけてくださって本当にありがとうございました。人に話すことによって、物事や自分を見直せるって本当に大事だと思いました。温かいメッセージもありがとうございました。自分を見失わないように、コミニュケーションできるよう、教えていただいたことを勉強、訓練、積み重ねていきたいと思います。
電話カウンセリング
ずっと寄り添って話を聴いてくださり、本当にありがとうございました。心身ともにしんどい状態でしたが、話を聴いていただけたことで前を向けるようになりました。出社もできてます。赤松さんのお言葉が支えとなっております。職場の精神保健福祉士の方とも話し、自分の業務状況をお伝えすることができました。まだまだ残業続きの日々ですがチームリーダーも業務量の調整を少しずつですが気にかけてくれるようになったと思います。もう少し落ち着いたら認知行動療法についてご相談させてください。
今回はお話を聴いてくださり、本当にありがとうございました。