矢澤 敬子やざわ けいこ
女性
精神保健福祉士・社会福祉士
メッセージ
ビデオ/電話
対面(-
紹介文
医療ソーシャルワーカーとして、夫婦間・家庭内の問題や子どもの発達・不登校など、様々なケースに対し長年関わってこられたカウンセラーさんです。子育てにまつわる悩み、登校しぶり、モラハラなどの家庭内の問題、中途障害の方のお悩みなどを得意とされています。
カウンセラーからのメッセージ
はじめまして。
「誰かに相談をする」ということは、とても勇気のいることだと思います。
特に、家庭内の問題や子どもの発達、不登校などのプライベートな問題は、なかなか知り合いには話せません。
信頼できる友だちに話しても、気を遣わせるのも嫌だな、などと考えてしまうこともあります。

医療ソーシャルワーカーとして、長年勤務していた私でも、子育ての壁にぶつかったときは、専門機関に相談するのに、とても勇気がいりました。
でも、思い切って相談してみると、そこから必要な相談窓口へつないでもらえたり、自分が今、何をすればいいのか、たくさんの「気づき」がありました。
なによりも、苦しんでいる自分の味方になってくれる専門職の人がいる、否定せずに何でも話を聞いてくれる、ということで、次のステップへ進む気持ちの余裕ができました。

人生における悩みは、すぐには解決できないこともありますが、自分の意識を変えること、行動を起こすこと、誰かに話すこと、周囲に協力を求めることで、うまく回りだすこともあります。
もやもやして、うまく言葉にできなかった思いも、カウンセラーに話すことで、悩みが整理され、自分が今後どうしたいのか、どうなりたいのか、はっきりしてくることも多いです。

私も、カウンセラーや児童福祉司、スクールカウンセラーに相談し、解決の糸口を見つけられた経験があり、今度は、私が相談者の方の不安な気持ちに寄り添えたらと思っています。

相談をして下さった方が前向きな気持ちになり、次の行動を起こすためのお手伝いができたら嬉しいです。

※メッセージカウンセリングについて
メッセージカウンセリングは先着順に対応させていただいております。上限に達した場合、受付を一時的に停止とさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
もっと見る
資格・経歴
大学、大学院で心身障害学、障害児教育を専門に学んだあと、横浜市内、都内の救急病院にて医療ソーシャルワーカーとして勤務。不登校をきっかけに長期の引きこもりになってしまったケース、鬱になってしまった母親、生きる意欲を見失った若者など様々なケースに出会い、早期に専門職が関わる必要性を感じてきた。また、病気やケガにより中途障害になった方、障害のあるお子さんに関する悩み、介護問題や在宅医療などに関わることも多かった。
複数の悩みを抱える相談者の方と一緒に今後の方向性を考え、家族間の調整や専門機関との連携をとることで、解決の糸口を見つけてきた。

産業カウンセラー、特別支援学校教諭専修免許状 保有
このカウンセラーに相談する
メッセージ相談を申し込む
3日間 3,600円〜
メッセージを受け取ってから24時間以内に返信を行います。
※ カウンセラー定休日(土・日・祝)を除きます。
相談した方の感想
メッセージカウンセリング
私たちの悩みを分かってくれ、具体的なアドバイスを頂けたことで大きな後押しを得られました。ありがとうございます!
メッセージカウンセリング
矢澤先生、今回は3回ではありましたが適切なアドバイスありがとうございました。 自分の頭の中で悶々としていた気持ちがだいぶ晴れました。また、先生からの助言により頭の中が整理され何をすべきかがわかるようになりました。 今回相談できてとても良かったと思いました。また何か難しいことが出てきましたらご相談させていただけたらと思います。ありがとうございました。