>
  1. 舟山 恵理子

舟山 恵理子

ふなやま えりこ
女性
公認心理師・看護師
メッセージ
ビデオ/電話
対面(-
本日10:30〜 相談可能
紹介文
大学病院や公的病院にて約30年間、看護師として看護ケアに携わってきたカウンセラーさんです。医療・介護の相談はもちろん、復職支援や対人関係の相談、ペットロスの相談もしていただけます。
カウンセラーからのメッセージ
私は【しあわせはいつもじぶんのこころがきめる】という言葉が好きです。

人生には思いもかけない、辛さや試練もありますが、その時に自分の心が、どんな持ち様をしていくのかが、大切なのだと思います。

そうは言っても長年培った思考を、急に変化させることは、容易ではないこともあります。

しかし、カウンセリングにご興味を持たれたり、実際に受けられてみることは、心の持ち様を変えていくための、大きな一歩を踏み出されたということではないでしょうか。

その大切な第一歩に寄り添いながら、ご一緒にご自身が望むような、心の持ち方に変えていけるよう、サポートを、させていただきたいと考えております。

私は、自分自身の経験や、今まで学んだ知識からは、夜明け前が一番暗いが、明けない夜はないと確信しています。
相談者様が、心の夜明けを経験される瞬間に、寄り添えることは、私の何物にも変え難い、喜びとなっています。

クライアントさんの不安が安らぎ、癒され、穏やかな気分になれる安全な場所。
これまで数多くの患者さんをケアした経験をいかし、最善のサポートを行う。
そのようなカウンセラーであり続けていきたい思っています。

これまでのご相談では、医療や介護について、女性ならではのお悩み(ご病気の事、更年期障害、ご家族関係など)について、またペットのお悩み(ペットロスや、ペットロスに向かい合う不安)について、人間関係についてなど、多くのサポートさせて頂いております。どうぞお気軽にご相談ください。

※ビデオ相談でお顔を見られたくないといった場合、カメラをオフにして相談を行うことも可能です。
もっと見る
資格・経歴
私はこれまで、約30年看護師として、主に大学病院や公的病院のほとんどの診療科で、延べ3万人の患者さんやご家族の看護ケアに携わってきました。
また、私自身10年前に、乳がんの闘病から、患者の立場に立った事で、心身の辛さを経験しました。
乳がんの闘病は、これまでの看護師としてのケアをする立場から、患者としての、ケアをされる側という異なる立場から、多くの学びや気づきを経験しました。
この経験を活かし、心に寄り添う仕事を改めて志し、公認心理師、産業カウンセラーを取得し、現在も看護業務に従事しながら、カウンセラーとしても活動を行っております。
医療の知識や経験をベースに、両親の介護や、自身の闘病の経験からも、当事者としての想いも大切にしながら、カウンセリングをさせていただいております。

<保有資格>
看護師 公認心理師 産業カウンセラー
このカウンセラーに相談する
【うららか相談室を初めて利用される方へ】満足保証サポートのご案内
カウンセリングにご満足いただけなかった場合には、ご利用料金分のポイントを全額返還いたします。
ポイントは、別のカウンセラーとのカウンセリングにご利用いただけます。
ご利用条件:
・うららか相談室で初めてカウンセリングをお受けいただいた方(1回限り利用可能)
対象のカウンセリング:
・ビデオカウンセリング(1回分)、電話カウンセリング(1回分)、メッセージカウンセリング(3回コース/お任せコース)
カウンセリング実施後1週間以内に、専用のフォームよりお申込みください。
詳細については、こちらのページをご確認ください。
メッセージ相談を申し込む
3回 4,200円(税込 4,620円)〜
メッセージを受け取ってから24時間以内に返信を行います。
ビデオ/電話相談を申し込む
ビデオ・電話相談
5,000円(税込 5,500円)/ 50分
対面相談の場所:
日にちを選択してください
20244
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日付が選択されていません。
相談した方の感想
ビデオカウンセリング
親身になって共感しながらも、的確なアドバイスをいただき、喪失感や不安との向き合い方や、心を健やかにすごすためには、年齢やホルモンバランスなど客観的事実を認識することで、心の緩めかたなどのヒントをいただき、明るい気持ちになれました。これからも、メンテナンスとして、ご相談したいと思います。引き続きよろしくお願いします。
ビデオカウンセリング
介護のこと、病気のことや薬のことなど、看護師さんでいらっしゃるので私のわかりにくい話もすぐに察していただき、助かりました。すごく救われた一言もありました。本当にありがとうございました。