>
  1. 精神科医によるカウンセリング

精神科医による
カウンセリング・相談

精神科医とは
精神科医(精神神経科医)は、精神疾患(精神障害)や気分症状を主に扱う医師です。
代表的な精神疾患として、うつ病、統合失調症、依存症、認知症、てんかん、睡眠障害、不安障害などが挙げられます。
症状としては、抑うつ気分、落ち込み、不安、焦燥、幻覚・幻聴などが精神科医の対象となります。

一方、ストレスなどの心理的な要因から引き起こされる身体症状(心身症)を主に扱う医師は心療内科医となり区別されますが、こころの問題を専門的に扱う点では共通しています。
近年では、精神科という名前が受診のハードルを高くしているとのことから、特に精神疾患・心身症ともに対応している場合には、広い意味で「心療内科」と呼ぶこともあります。

両者ともに薬物療法だけではなく、認知行動療法(CBT:Cognitive Behavioral Therapy)などの精神療法(心理療法)も用いられます。臨床心理士や社会福祉士と連携して治療を行うところもあります。

医師にじっくり話を聞きたい方、うつ病ではないかと思っているけど病院に行くのをためらっている方にもおすすめの専門家です。

※うららか相談室のカウンセリングでは、病名の断定や診断書の作成、薬の処方には対応できませんのでご了承ください。

精神科医のカウンセラー

1
ご利用者さまの93%が継続的にうららか相談室を利用したいと回答しています。(※1)
(※1)2021年2月のご利用者アンケートの回答結果
佐々木 幸哉
精神科医
大学病院の精神科にて、気分障害・不安障害をはじめ、精神疾患に関する臨床経験を多く積まれているカウンセラーさんです。診断や薬物の処方に関する知識や経験が豊富で、精神科で受けた診断名や、処方された薬の量や種類の妥当性についての相談を得意とされています。
メッセージ
ビデオ
電話
対面
明日20:00〜 相談可能
カウンセラー選びに迷われている方へ
メッセージカウンセリングのカウンセラーお任せコース(3回コース)を試してみませんか?
悩みの分野やカウンセリングへのご要望をお聞きし、あなたにおすすめのカウンセラーをスタッフがマッチングさせていただきます。
詳細はこちら
※うららか相談室のすべてのカウンセラーは、臨床心理士もしくは国家資格を有する専門家です。
また、カウンセラーの登録にあたっては、かならず厳正な経歴・資格証明書の確認、面談を実施した上で登録を許可しています。
うららか相談室を初めて利用される方へ
満足保証サポートのご案内
カウンセリングにご満足いただけなかった場合には、
ご利用料金分のポイントを全額返還いたします。
ポイントは、別のカウンセラーとのカウンセリングにご利用いただけます。
ご利用条件:
・うららか相談室で初めてカウンセリングをお受けいただいた方(1回限り利用可能)
対象のカウンセリング:
・ビデオカウンセリング(1回分)、電話カウンセリング(1回分)、メッセージカウンセリング(3回コース/お任せコース)
カウンセリング実施後1週間以内に、専用のフォームよりお申込みください。
詳細については、こちらのページをご確認ください。