>
  1. 就職・転職に。キャリアインサイトで「能力・興味・価値観・行動特性」を客観的に理解し、適職やキャリア形成を考えよう
ビデオ

就職・転職に。キャリアインサイトで「能力・興味・価値観・行動特性」を客観的に理解し、適職やキャリア形成を考えよう

公認心理師内藤 友子
プログラム内容
こんな人におすすめ
プログラムの流れ
事前準備・注意点

プログラムの内容

職業選択に必要な自己理解(能力・興味・価値観・行動特性)について、「キャリアインサイト(※)」を使って検査を行い、国家資格キャリアンサルタントの指導者1級キャリアコンサルティング技能士がフィードバックします。


「自分の個性は何か」「適性と職業との関係」「将来のキャリアプランをたてるときのポイントは何か」など、職業選択やキャリア形成に備えて何をしたらよいかを考えるきっかけを提供します。


(※)キャリアインサイトは、独立行政法人労働政策研究・研修機構が提供する総合的なキャリアガイダンスシステムです。

プログラム詳細

このプログラムでは、以下のどちらかのコースを受講していただきます。


ECコース:18歳から34歳程度の若年者向け

MCコース:35歳から60歳代程度の、職業経験のある方向け


キャリアインサイトは、適性診断、総合評価、職業情報、キャリア・プランニングの4つのコーナーにより構成されています。

適性診断コーナーは、能力、興味、価値観、行動特性の4つの検査を含みます。

4つの検査の詳細については、以下の通りです。


【能力の評価】

リーダーシップ、ボランティア&サポート、プランニング、スポーツ&エクササイズ、リサーチ&アナライズ、コンピュート&アカウント、ハンドメイキング、アート&クリエイトという8つの側面から、自信の程度がチェックされ、プロフィールが作成されます。その後、上位3つの自信の高い能力について474個の職業データベースとの照合が行われます。


【職業興味の評価】

「職業レディネス・テスト」などと同じく、アメリカの職業心理学者ホランドによる興味の6領域の考え方(現実的領域、研究的領域、芸術的領域、社会的領域、企業的領域、慣習的領域)を用いてプロフィールが作成されます。興味の上位3領域を使って適職リストが照合されます。


【価値観の評価】

職業を選択する時に、求職者がどのような条件を重視しているのか、また、希望する働き方や職業のタイプはどのようなものなのかを調べます。調べられる内容は以下の3つです。


1. 職業選択の際に考えなくてはならない様々な条件に対する重視度のプロフィール


2. 仕事重視、会社重視、環境重視という視点から見たときの利用者の特徴


3. 希望する職業のタイプ別、望ましい働き方のタイプ別価値観プロフィールの比較


ECコースとMCコースでは、質問項目数とプロフィールでの要因の項目内容が違っています。


【行動特性の評価】

ECコースでは、シミュレーションと性格・傾向チェックという2つの評価ツールがあり、MCコースでは性格・傾向チェックのみがあります。

シミュレーションでは、民間企業に就職後の4年目を想定し、会社内で起こる様々な場面でどう行動するかを回答し、行動特性の傾向を調べます。

結果は、個人プレー-チームプレー、保守-改革、自由人-組織人、フォロアー-リーダー、スペシャリスト-ジェネラリスト、マイペース-負けず嫌いという6つの軸で整理され、プロフィールが作成され、5つの職群(事務系、技術系、営業系、専門系、製造・現場系)との照合結果が表示されます。

性格・傾向チェックは、基礎的な性格特性・思考特徴、好きな職場イメージ、得意とする対人関係業務等について調べます。

こんな人におすすめ

・人生100年時代、コロナ禍により、職業選択を余儀なくされた方や今後の職業選択に迷いがある方、客観的に自分を知りたい方

• どのような仕事に就いたらいいかわからないなど、職種の絞り込みができていない方

• 応募職種に一貫性のない方

• 職種を絞り込み過ぎていて、選択すべき範囲が狭まっている方

• 現職での適性に迷いがある方

• 自己理解、職業理解が十分でない方

• 同じような職種に応募し続けているが、なかなか採用に結びつかない方

• もともとの性格や緊張等からあまり流暢に話せないタイプの人や言葉の少ない方


特に若年者では、職種の絞り込みができていない場合に、どのような職種に興味をもてるのかという手がかりを得るために活用するケースがございます。

また中高年齢者の場合には、過去の職種にこだわりすぎるあまりに、検討している職種が狭まっていることがあるので、そういった方には検討する職種の範囲を広げるために活用します。

プログラムの流れ

①1回目のメッセージにて100文字程度で職業選択に関する悩みの概要をお送りいただきます。


②面談1回目 キャリアンサイト検査(能力・興味・価値観・行動特性)、シミュレーション(ECコースのみ)、性格特性チェック実施


③面談2回目 短期のキャリアプランニング(希望する職業との相性診断・就職準備度チェック等)に関するアドバイス


④診断結果の総合まとめを、メッセージにてご返信します。


※メンタル面のご相談が必要な方は、3回コースにて②職場のメンタル面の悩みをご選択ください。


<3回コースはこちら>

https://www.uraraka-soudan.com/program/56

事前に準備するもの

特にありません。

注意点

・2コマ同日のご予約でも、別日のご予約でも問題ございません。連続で2コマお申込みいただく場合は、1コマと2コマの間に40分の休憩が入ります。

・職場の人間関係の悩みやメンタル面ご相談内容は3回コースか、別途カウンセリングをご予約ください。

このカウンセラーに相談した方の感想
ビデオカウンセリング
先生とのセッションのおかげで、今初めて1ヶ月症状が出ずに過ごせています。自分の感情の変化を客観視できるようになり、原因が何かもわかるようになってきました。また、最後に教えていただいたタッピング療法がとても効果的で、特に症状が出そうなときや不安な時にするようにしています。また相談することがあるかもしれませんが、今のところ感謝でいっぱいです。
ビデオカウンセリング
内藤先生
先日は、ビデオカウンセリングでお世話になり、ありがとうございました。
少しでも自分の悩み、過去などわかっていただこうと、たくさん話したにも関わらず、一つ一つ聞いていただいて嬉しかったです。
そして、気付きもあり、改めてこれからまた向き合いながら少しでも前に進めるよう、行動ができたらと思いました。
次回のカウンセリングで、お会いできるのを楽しみにしております。
今後とも、よろしくお願いいたします。
このカウンセラーのプログラム
ビデオ
9/25 13:00〜 相談可能
HSPの傾向をAASP(感覚プロファイル)で検査。あなたに合わせた対処法をアドバイスします。
公認心理師内藤 友子
15,900(税込 17,490円)/ 50分×2回
ビデオ
9/25 13:00〜 相談可能
<思考再構成法トレーニング付き>HSPの傾向をAASPで検査。あなたに合わせた対処法をアドバイスします。
公認心理師・精神保健福祉士内藤 友子
19,800(税込 21,780円)/ 50分×3回
16,000(税込 17,600円)
プログラム内容
ビデオ 50分 × 2回
メッセージ1往復
9/25 13:00〜 相談可能
講座を受ける
担当カウンセラー
内藤 友子
公認心理師
10年以上カウンセリングに携わっており、HSPの悩みや、愛着障害、毒母、パーソナリティー障害、職場の悩みなどに詳しいカウンセラーさんです。キャリアコンサルタントの指導者資格もお持ちで、職場における人間関係の悩みや、キャリアに関する相談をお持ちの方にもおすすめです。
資格・経歴
精神科・心療内科に10年勤務し、公認心理師・精神保健福祉士、1級キャリアコンサルティング技能士として、鬱病、パニック障害、双極性障害等の方々の復職支援カウンセリング、HSP(繊細・敏感すぎる気質を持つ人)の悩みや、愛着障害、毒母、パーソナリティー障害、職場における人間関係の悩み、キャリアに関するカウンセリングを実施。リファー先(精神科クリニック・就労移行・職業訓練校等)とも連携して問題解決を行う。
16,000(税込 17,600円)
プログラム内容
ビデオ 50分 × 2回
メッセージ1往復
9/25 13:00〜 相談可能
講座を受ける