>
  1. りゅう なおこ

りゅう なおこ

女性
精神保健福祉士
メッセージ
ビデオ/電話
対面(-
9/21 13:00〜 相談可能
紹介文
精神疾患に関する悩みのほか、発達障害児、離婚相談、子育て、虐待についてなど様々なジャンルの相談を経験されているカウンセラーさんです。精神障がい者相談支援事業所での相談支援やホットラインオペレーター、小中学校のスクールソーシャルワーカーなど、様々な場所での勤務経験をお持ちです。
カウンセラーからのメッセージ
こんにちは、りゅうと申します。

私は大学で心理学を学び、精神保健福祉士を取得してから、様々な福祉の現場で子どもからご高齢の方まで、いろんな相談を受けてきました。
最初は精神疾患がある方が自由に行ける「地域活動支援センター」というところで働きました、紆余曲折あり、最近は虐待を経験した子どもを保護する施設で寮母さんのような仕事をしていました。施設で暮らす子ども自身や、その支援者は虐待をした親を恨むような言葉をつぶやくときがありましたが、私はそれに同調することができませんでした。なぜならそういったとき、思い出すのは最初に働いていた施設の利用者さんたちだからです。

ある利用者さんはかつて、ネグレクトの末に子どもを手放し、その後精神科病院に長らく入院することになった方でした。退院してからのアパート探しを一緒にやる中で、保証人をお子さんに頼んだのですが、お子さんから返ってきたのはただただ辛辣で激しいNOでした。お子さんの気持ちを受け止め、お子さんに激しく拒否され落ち込む利用者さんを慰める中で「虐待をしたくてしたわけじゃないよなぁ」と思いました。どちらにも寄り添う経験をしたせいか、「誰も悪くないなぁ…」と常々思うようになりました。

心理学の延長で出会ったマインドフルネス瞑想と仏教思想からも、似たようなことを学びました。自分の中にある愛/仏性を育み大切にすることで、私自身が柔軟で豊かになっていく感覚を味わうことができたのでした。私が「誰も悪くないなぁ…」と思ったことこそ、全ての人が心に持つ愛/仏性だったのだと思います。

私が提供するカウンセリングサービスでは、ただ、話を聞いてもらって吐き出して受けてもらうことで、そのときだけ気が楽になるものを目指しているわけではありません。いま直面している苦痛をじっくりとお伺いし、受け止めたうえで、クライエント様自身の中に「愛」が育まれていくようにガイドしていきたいと思っています。私たちは自分の中に眠る善心を色んな思い込みの中に埋もれさせてしまっていることがあります。そして余裕がなくなり、自分や他者に心の牙が向いてしまう。そしてそれをした自分に落ち込む…。
善心をゆっくりと掘り起こし、大切に育み続けることで、自分に降りかかる困難への対処が上手くなり、感情的に行動することが減り、他者へ優しく接することが上手くなります。生きる活力にさえなります。そしていつか、カウンセラーも精神科医も薬も要らない生活に導くことが、私のカウンセリングサービスの目標です。

もし少し興味を持たれた方はぜひ、少しお話してみませんか?

一緒に癒しの時間を作れる日を楽しみにしています*
もっと見る
資格・経歴
大学で臨床心理学を学び、精神保健福祉士を取得。その後、精神障がい者相談支援事業所での相談支援およびケアマネジメント、放課後等デイサービスでの指導員、ホットラインオペレーター、小中学校のスクールソーシャルワーカー、被虐待児童の支援施設など様々な場所で勤務し、精神保健福祉のみならず発達障害児、離婚相談、子育て、虐待についてなど様々なジャンルの相談業務を経験する。現在はアメリカ人パートナー、2匹の猫と日本で暮らしながら、大学院での研究に向けて勉強を行う日々。
このカウンセラーに相談する
メッセージ相談を申し込む
3日間 3,600円(税込 3,960円)〜
メッセージを受け取ってから24時間以内に返信を行います。
ビデオ/電話相談を申し込む
ビデオ・電話相談
4,800円(税込 5,280円)/ 50分
対面相談の場所:
日にちを選択してください
20219
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日付が選択されていません。